koprotop

プロフィール

七戸 じゅん(しちのへ・じゅん)
昭和35年8月生まれ
血液型…B型

[経歴]
青森市立 佃小学校卒業
青森市立 佃中学校卒業
青森県立 青森北高校校卒業
明治大学 政経学部政治学科卒業
法政大学院 社会科学研究科経営学修了 MBA取得
法政大学院 公共政策博士課程在学中

[職歴]
株式会社リクルート入社
ソフトウェア開発会社設立 同代表取締役
財務系人材派遣会社設立 同代表取締役
港区区議会議員4期目

[活動]
一般社団法人日本ケーキデコレーション協会 理事
一般社団法人日本ルーマニア親善協会 理事
一般社団法人東京青年会議所 港区委員会 港志会 幹事
東京赤坂ライオンズクラブ 理事
法政大学校友会連合会 港支部 副会長
明治大学校友会 港支部 幹事
港区武術太極拳連盟 理事
港区トライアスロン連合 顧問

[自己紹介]
趣味…ラグビー、新極真空手、バドミントン、映画鑑賞、海外旅行、飲み歩き
好きな映画…ブレードランナー、オフィサー・アンド・ジェントルマン(愛と青春の旅立ち)、ルネッサンスマン(勇気あるもの)、フォーゲットパリ(彼と彼女の第2章)、スリーアミーゴス(サボテン・ブラザーズ)

エピソード

  • 少年時代

    「持ち前の裏表のないまっすぐな性格で多くの友人に恵まれました。」

    少年時代

    学校行事に積極的に参加し、中心メンバーとして盛り上げ役を務めました。思えばこの頃から、みんなで大きな物事を成し遂げることや、大勢の人を巻き込んで、全員が楽しめるような企画をすることが大好きでした。

  • 学生時代

    「現在の自分の礎となるような学びがたくさんありました。」

    学生時代
    学生時代は、いろいろなことを学ぶ経験があり、もともと旺盛だった好奇心に火がつきました。ロサンゼルス留学、様々な国への旅行と、積極的に世界を見て回りました。当時の世界各地での経験や学んだ知識が、今の自分を形成する重要な要素となっています。

  • 会社員時代

    「リクルートでの経験は大変貴重なものでした。」

    会社員時代
    大学卒業後、株式会社リクルートへ入社しました。リクルートでは諸先輩方のご教授もあり、様々な経験をさせていただきました。ここでの経験が今政策として行っているベンチャー企業支援に役立っています。後に「自らの手でいちからすべてを作りあげたい」と思い、リクルートを退社し独立することにしました。

  • 青年会議所時代

    「独立し活動を続ける中で、政治に関心を持ちはじめました。」

    青年会議所時代
    リクルート退社後すぐにコンピューターソフトウェア開発会社および財務系人材紹介会社を設立し、東京青年会議所へ入会しました。多方面の活動へ参加していく中で、港区政50周年記念事業実行委員長を任されました。そこで精力的に活動を続け、後に港区委員会の委員長を拝命するに至りました。ここでの多種多様な活動を通じて政治への興味関心が高まり政治家への道を考えるようになっていきました。

  • 初当選へ

    「政治家になる決意をし、二度目のチャレンジで初当選しました。」

    初当選
    政治家になる決定的なきっかけは、大塚雄司元建設大臣との出会いでした。大塚先生から強く勧められ、お話を重ねることで、果たすべき使命と政治理念が明確になっていき、立候補を決断しました。おかげさまで、二度目の立候補で初当選を果たすことができました。選挙期間中、多くの人々の支えや温かいお言葉をいただき、その重みをひしひしと感じおり、当選後は皆さまの想いを胸に自らの人生を賭して議員活動を全うすることを誓いました。

  • 総務常任委員長として

    「港区の地域振興・環境整備に日々全力で取り組んでいます。」

    総務常任理事時代
    区議会議員として4期目となり、現在は港区議会議員総務常任委員長を任されております。ちいばすの整備からつながるBRTや、ベンチャー企業を育成し雇用を創出する政策をメインに、港区がより豊かに、暮らしやすい都市となるように日々励んでおります。詳しくは近況報告のページをご参考下さい。